マダムJのヨーロッパ的生活★ファッション・ブランド・旅file

ヨーロッパ系企業に勤めていたマダムJがファッション アクセサリー 旅行 芸術 食などを綴ります




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エルメス(HERMES)の展覧会へ:「レザー・フォーエバー(LEATER FOREVER)」  


エルメスの展覧会を見に、上野へお出かけしました。

エルメスの原点であるレザーにフォーカスした特別エキシビションですが、なんと入場無料。
会場は、上野の東京国立博物館 表慶館です。
スマートフォンなどの画面を見せて、専用の窓口で入場券を受け取り、チケットを持って入場門横のゲートから入場しました。

DSC_0397.jpg


「エルメス(HERMES)」とレザーの絆をテーマとしたエキシビション「レザー・フォーエバー」。
無料と聞いて、もっと簡単な展示かと想像していましたが、お金を払っても良かったと思ったほどの充実ぶりでした。

1419047630997.jpg

重要文化財に指定されている歴史あるたたずまいの表慶館は、現在の迎賓館などを手がけた宮廷建築家の片山東熊が設計にあたったもので、日本で初めての本格的な美術館として開館した建物だそうです。片山東熊は、鹿鳴館やニコライ堂を手がけたイギリスの建築家ジョサイア・コンドルの弟子だったのだそう。

入場してすぐのホールの床の美しいモザイク模様も素晴らしいものでした。


1419046672417.jpg

こちらの部屋では、エルメスで使われるいろいろな種類のレザーが置かれており、自由に触ってることができました。


1419046752557.jpg

広げられたレザーに、バッグのパーツがレーザーで照らされます。
お客さんが自由にボタンを選び、ケリーやプリュムなどバッグの種類を選ぶとそれぞれパーツが表示される仕掛けです。
歴史と伝統のメゾンですが、ハイテク技術も取り入れているのですね。


1419048605779.jpg

レザー職人の方がデモンストレーションをしていました。
ちょうど、ケリーバッグの制作工程を見せてくださっていましたが、すごい人だかりでした。
熱心に写真を撮る方、動画を撮る方がいらっしゃり、みなさんなかなか動かず、近くで見るにはずいぶん待たなければ行けませんでした。

時間帯によってはステッチの実演をお客さんに教えてくださることもしているそうです。


1419046714064.jpg


おなじみのエルメスのオレンジボックスが積みかさなり、映像が流れていました。
自宅にあるとなかなかかさばるエルメスのボックスですが、インテリアのようにしてしまうのも良いかもとヒントをいただきました。


つづく




関連記事





category: エルメスHERMES

thread: ファッション - janre: ファッション・ブランド

tag: HERMES 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。